お得なバーゲン中のホテルだけをチョイス!

海外リゾート地に新婚旅行・ハネムーンで行く!

リゾート ハネムーン

Pocket



リゾート ハネムーン

ハネムーン、新婚旅行海外リゾートに行く!
という方も多いはず^^
人気のリゾート地の鉄板といえばやっぱりモルディブでしょうか。

そんなハネムーン海外に行きたい方におすすめの旅行地は気をつけておいた方がよいことを紹介していきます。

 

夫婦水入らずで過ごせる最後の旅行かも

新婚の2人が初めて宿泊するというところから、
新婚旅行は昔から「子作りの場」という意味合いをもってきました。

今では単なる儀式としての意味合いが強くなってきていますが、
それでも、子供を考えている方はこれが夫婦水入らずで過ごせる
向こう20年で最後の旅行になるかもしれません

心に残る旅行にするためにも、2人のしたいことを出し合って、
夫婦両方が満足できるものにして下さい。

予算や旅行期間に合わせてプランを選ぶ

新婚旅行は一生に一回の2人の思いでとなる特別な時間になるので、
料金よりも2人でどれだけ素晴らしい時間を過ごせるか、
というところが重要だと思います。

ハネムーンの費用は大体平均で2人合計55万円程度となっています。
結婚式や披露宴の費用も合わせると、なかなかお金も大変ですよね。

それに、仕事の休みが数日しか取れない、
という方もいると思うので、どうしても多少タイトなスケージュール
で行かなくてはならなこともあると思います。

そんな時におすすめするのが、
タイやベトナムなどの東南アジアのリゾート地です。

日本から飛行機に乗っている時間は直行便でで5〜6時間程度なので、
移動時間に時間がかかりませんし、
物価が安いので、旅費もかなり安く抑えられます。

時間やお金にあまり余裕が無い方は是非東南アジアを候補として
挙げてみて下さい。

初の海外旅行で持って行く物について

特別な機会なので、新婚旅行で初の海外に挑戦する、という方も
いると思います。

そこで、海外旅行に持って行っておくと便利なものについて紹介します。

世界のホテルは日本のホテルよりもアメニティグッズが充実していません。
日本では当然ついているはずの日用品も置いていないことも多々あるのです。

そこで、スリッパや歯ブラシ、寝間着などは持参していくことを
おすすめします。
また、シャンプーやリンスも海外のものが肌に合わない場合もあるので、
肌の弱い方は特に気をつけた方が良いかもしれません。

その他長時間のフライトに耐えられるように、
首枕や、現地でちょっとした体調不良にも対応できるように
常備薬を少し持って行くといいですよ。

また、電動ひげ剃りなど日本の製品を海外で使う場合には、
電圧が違うので、そのままコンセントに指すと壊れてしまう場合があります。
向こうで日本の電化製品、充電などをする場合には必ず変圧器
持って行いきましょう。

おみやげについて

新婚旅行はお世話になった方へのおみやげは欠かせません。

ただ、このおみやげを買う時間はけっこうな時間ロスになってしまいがちです。
現地で目一杯楽しむためにも、おみやげに何を買うかということは、
事前にある程度決めておくのが良いでしょう。

大体新婚旅行でおみやげに使うお金は平均12万円とけっこう高め。
金額もそうですが、これだけ買うともって変えるのも一苦労です。

そこで、今ではインターネットで商品を注文しておき、
帰国してから自宅で受け取るといったこともできるので、
積極的に利用すると便利ですね。

旅行先が決まれば、現地でどんなおみやげが売られているのか、
ということはネットや旅行雑誌などでチェックできます。

ハネムーン、新婚旅行に人気の海外リゾート地

 モルディブ

ハネムーンの人気旅行先の中で有名なモルディブ。
きれいな海と水上にたたずむヴィラ、
南国の楽園という雰囲気を最も味合うことができます。
島ごとに1つのリゾート地になっているので、
半強制的に2人でゆっくりとした時間を過ごせるのも人気です。

日本との時差:4時間
飛行機に乗っている時間:直行便で約10時間

 タイ⇒バンコク ⇒プーケット

タイのプーケットやサムイ島はビーチのきれいなリゾート地して有名。
距離が近く、物価も安いのでリーズナブルな料金で本格的なリゾート気分を
味わえます。

日本との時差:2時間
飛行機に乗っている時間:5~6時間

 バリ

日本との時差:2時間
飛行機に乗っている時間:直行便で約8時間

 タヒチ

日本との時差:19時間
飛行機に乗っている時間約11時間

 ハワイ

日本との時差:19時間
飛行機に乗っている時間:6時間半〜7時間

コメントを残す